우마레타 말

ウマレタ馬のはてなブログは3000字以内の様々なテーマで随筆を書いております。

殺された胸の中の情熱, トマトを食べなければならない理由

f:id:kanbatama2424:20210306005445j:plain








トマトはよく食べますか?


僕はあまり食べませんが、赤いトマトを見ていると、情熱的な感じがするのでトマトが好きです。


僕があれほど望んでいた何かに熱情を持って熱心に、その望んでいたことに必死に飛びついた経験は誰にでもあると思います。


しかし、生きていくことに挫折感もあるんだし、その数回の挫折によって情熱が殺された経験もあり、その情熱がいくら努力しても蘇らない方ももちろんいらっしゃるんでしょう。


理由はどうであれ、その死んだ情熱を赤、情熱的なトマトとともに生き返らせてみてはいかがでしょうか?


では、殺された胸の中の情熱, トマトを食べなければならない理由について 調べてみましょう。







f:id:kanbatama2424:20210306005447j:plain
1. 喫煙者の健康

情熱的だった記憶を蘇らせ、もう一度何かに情熱を持ってチャレンジする時に喫煙する方たちは禁煙を先に試みる方たちが多くいらっしゃるようです。


禁煙はとても難しいですね。


たばこはまるで初恋のようで、頭の中に消したくても消えないようです。


そんな時にトマトを召し上がってみてください。


トマトには、発がん物質から僕たちの体を守るクマル酸とクロロゼン酸が含まれています。


禁煙するのもいいんですが、初恋の人のように、僕たちの頭の中に消されなければ、痛い記憶ではなく、幸せだった記憶に変えることはできますから。


そしていつかは幸せだった記憶がだんだん現実に近づいて徐々に忘れられるのではないでしょうか?







f:id:kanbatama2424:20210306005456j:plain
2. 心臓の健康

運動に情熱があった方もいらっしゃいますか?


筆者は幼い頃、ボクシングに対する情熱がありました。


とても上手になりたくて、恥ずかしいとも知らずに暇さえあれば練習しました。


今は思い出になってしまって胸の中に死んだ熱情で残っています。


もし僕のように運動に対する情熱が生きている方たち、トマトを召し上がってみてください。


トマトにはビタミンBやカリウム成分があり、コレステロール値を下げ、血圧を下げるのに適しています。


胸の中に情熱をもっと熱く残すためには、良い心臓が必要なんですから。







f:id:kanbatama2424:20210306005502j:plain
3. 不眠症の改善

どれも、何かに狂うほど熱っぽいというのは本当にすごいことだと思います。


しかし、その情熱を持続させることはどうしても大変です。


筆者も情熱のなかで生きていき、情熱が燃えてしまって死んだ経験もあります。


情熱の中で生き、情熱だけ育て、情熱だけ見て生きてきたんだが情熱が死んでしまうと眠れなくて眠らぬ目で夜を明かしながら生きていった経験もあります。


もし筆者のような経験をした方がいらっしゃれば、もし情熱を失くして、その情熱が恋しいあまり眠れないのならトマトを摂取することをお勧めします。


トマトは幸せホルモンのセロトニン分泌を活発にします。そのため不眠症に役立ちます。







f:id:kanbatama2424:20210306005505j:plain
4. 肌の改善

愛にも情熱を持った経験 みんなありますよね?


その人が一度くらい僕に対してきれいに、かっこよく見てほしい気持ち、


気に入りたくて初めて使う化粧品、香水、美容用品、


外見に肌が与える影響はかなり大きく、愛したいと思ってより良い外見を持ちたいという気持ち、


その気持ちは誰でもあったと思います。


愛する人にもっと自分の外観を目立たせたい時に、トマトを食べることをお勧めします。


トマトは、愛を育てるシミ、シワ、美白に効果があります。





















熱情とトマト





生きていく中で熱情を持つことは大事だと思います。



何かに涙が出るほど、狂ったように持ちたくて、やりたくて、成就したい気持ち、



しかし、いつからか殺された僕の熱情を見ながら、現実と妥協して過ごしている方もいるでしょう。



どんな壁とぶつかって、その大切な情熱が死んだのか筆者は知りません。



そしてその熱情がまだ生きていく中で充分にもっと燃え上がる回数も何回になるか分からないです。



久しぶりに熱情が燃え上がり、どうしようもない感情が恥ずかしいかもしれません。



でも、恥ずかしさと僕の人生の大切だったこと、



どちらがもっと重要なのかは読者だけが知っているでしょう。



胸の中に常にトマトのような真っ赤な情熱が込められていることを祈っています。



お読み頂きましてありがとうございます